読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野外での内観体験

f:id:artfrancejapon:20160831215019j:plain

昨日は、パリ市内の公園で青空のもと、
内観カウンセリング体験をしてきました。

ひょんなことから知り合った内観カウンセラーの方と、
内観の午後にすることが急に決まり、興味あった内観会開催。

今後、内観&アートを合わせた「アートセラピー会」を
企画していく予定なので、その打ち合わせを兼ねて、
私自身も内観カウンセリングを受けてみました。

 

「内観」とは、

日本発祥の心理療法で、自分の人生に関わった一人一人について、

1、お世話になったこと
2、こちらからお返ししたこと
3、ご迷惑をかけたこと

を事実に基づき時間を区切って、内省する方法です。

まずは、自分を産んでくれた母親、そして父親、兄弟、親戚、友人…
と順にやっていくと良いそうです。

自己啓発、人間関係の改善・発展、矯正教育、心のケア、学業や仕事の発展、
社会性の育成、就職準備など、さまざまな場で活用されています。

効果としては、

  • 人間関係の改善
  • 学業や仕事面での効率・向上・状況改善
  • ストレス解消
  • 社会的方向付け
  • 愛情発見
    など。

 

f:id:artfrancejapon:20160831214945j:plain f:id:artfrancejapon:20160831215134j:plain

体験した感想は、やってみると相手の主観で
物事が見えるようになり、「ありがとう」が込み上げてくる思いでした。

オリエンテーションしてくださる方と一緒だったこともあり、
昔の忘れ去っていた、遠い過去の記憶が蘇ってきて、新鮮な感覚でした。

内観は必ずしも感謝する思いを持て、というものでもないそうです。
感謝の意が出たら、それは素晴らしいことだし、
感謝の意が持てなくても、それはそれで良い、とのこと。

また、人によって、効果は違うようです。
お困りのことが改善される方もいれば、
集中力が出たり、ストレス緩和・解消される方も。

 

身の回りで起こる物事の事実は「1つ」です。
良いも悪いもありません。コインの裏と表のようなものです。

ただ、それに勝手に良いか悪いか、どんな感情を抱くか、
無意識に決めているのは、他でもないこの私たち。

人によって、ある出来事に対する感じ方・捉え方が違います。

内観では、起こった事実に対して、
この「自分目線」の捉え方でしか見えていなかったことが、
対象人物の視点で見れるようになるので、視野が広がります。

自分の内側が変われば、外側(周囲)が変わる」と
聞いたことがありませんか?

自分の中にある記憶・感情を浄化し、
より自分らしく生きることができると思います。

内観を使ったアートセラピー会で、
自分を見つめる時間を作り、自分を再発見してみませんか?

こんな方にオススメです👇

  • 内観に興味がある
  • 人間関係を改善したい
  • ストレス緩和・解消したい
  • 新しい視点を持ちたい
  • 過去を清算したい
    など。

ご質問・お問い合わせは、こちらからお願いします。

お問い合わせ | タオン裕子

自分へのエール

f:id:artfrancejapon:20160830005841j:plain

今日、ふと聞こえてきた言葉です。

忘れないうちに、シェアしますね。

何か感じるものがあれば、幸いです。

 

" WHAT YOU DID OR ACHIEVED IN THE PAST

IS A PART OF YOU, NOT EVERYTHING. "

 

なぜか英語だったのですが、日本語(直訳)にすると、

 

あなたが過去にしたこと、または、達成したことは、

あなたの一部だが、全てではない。

 

過去を大切にしつつ、前を向いていこうー!
もう、過去に縛られる必要はないよー!
一つ一つが宝物。ぜーんぶ、あなただよー!
そのままの自分、オッケー!

みたいな自分から自分へのエールの声が聞こえた気がしました。

いろいろやってきたけれど、一体どれがが自分??

と思っているあなた。全てがあなたの一部です。

ひとつ だ・け! に焦点を当てる必要はありません。

やってきたこと一つ、ひとつ、大切にしてあげてください。

怒涛の出逢い編〜番外〜

f:id:artfrancejapon:20160827210046p:plain

「怒涛の出会い編 Vol. 2」で出逢った、

日本人マダムとのストーリー(番外編)です。


出逢ってから1週間弱経ち、パリ市内へ行った帰りの電車内で
突然、「あ、あのマダムにメッセージしよう。」と思ったんです。

最寄り駅に着き、なぜか、その日はちょっと気分を変えるため、
いつもの最短距離で帰れる通りではなくて、メイン通りから帰ることに。

すると、横断歩道の向かい側に、そのマダムの姿が…!

ビックリしました〜!

彼女も、ちょうど私にメールをしようとしていたらしくて。

小さな町といえども、今までは彼女らしき人を見たことも、
すれ違ったこともなかったのに、不思議なものですね。

これって、いわゆるテレパシーが通じたのかな?
なんとも便利なコミュニケーション手段!(笑)

メッセージしなくても、直接お話しでき、お茶をする日時が設定できたのでした。

怒涛の出逢い編〜まとめ〜

f:id:artfrancejapon:20160827210134p:plain

数日の間に起こった、

「怒涛の出会い編 Vol. 1〜4」はいかがだったでしょうか?

みなさんにも、こういった出逢いをした経験があるかと思います。

人生で出逢う人すべて、意味があるとよく言いますが、
ここで記した方々との出逢い、日々すれ違う人との遭遇など、
こういう巡り合わせって、本当に不思議なものです。

この記事を書いている今日も、あることが起きなかったら話すこともなく、
今後ばったり会う機会はないだろうと思われる出逢いがありました。

これだけ世の中に人がいて、自分が生まれてから死ぬまで、
出逢う人の数はたかが知れています。

そんな中、見えない力によってお互い惹きつけられて、
知り合うことに神秘性を感じます。でも実は、これって、
スピリチュアルでもなんでもなく、物理学で説明できます。

今、こうしてブログをご覧いただいている皆さんとの出逢いにも、
心から感謝いたします。直接お目にかかったことのない方も大勢いると
思いますが、ご縁あって繋がっていられることが嬉しいです。

今日も全てに感謝です!

怒涛の出逢い編 Vol. 4

隣町でのムッシューとの出逢いに引き続き、
今日は、「怒涛の出会い編 Vol. 4」です。

 

隣町サンジェルマン・アン・レイ城庭園での一息を楽しんだ後、
由緒あるホテル "PAVILLON HENRI IV"(パヴィヨン・アンリ・キャトル)の
テラスで、食後のコーヒーを楽しむつもりが、
週末や祝日のカフェ利用オンリーはできないとのことで断念。

ホテルの公式サイト(日本語ページ)は、こちら👇
http://www.pavillonhenri4.fr/media/original/pavillon-henri-4-japonais.pdf

f:id:artfrancejapon:20160827001530j:plain

 

町中のほとんどのカフェが閉まっている中、
友人が2年前に泊まりに来た時も利用した、
シャトーが眺められるカフェは空いており、そこで食後で *カフェ・グルモンを。
* コーヒーセット(エスプレッソ1杯+ミニデザート)のこと。
お店によって、ミニデザートのメニューが変動します。

f:id:artfrancejapon:20160827001158j:plain

エスプレッソ&ミニデザート(レモンタルト、クレームブリュレ、マカロン)

友人が翌日出発するので、最後の宴をどうしようかと話し、
夕飯メニューが二転三転しつつも、
「モダンお好み焼き」にしようということに。

地元メゾン・ラフィットに戻ると、
スーパーはラッキーなことに開いており、夕食の買い出しへ行きました。

 

大抵、フランスのスーパーではお会計の際、以下の2通りがあります。
1、自動レジ(自分でバーコードをスキャンして、会計するタイプ)
2、通常レジ(日本同様、レジスタッフによる会計タイプ)

 

商品も少なかったので、1、自動レジにしました。


…ところが。

あるバーコードをスキャンすると、エラー。

「スタッフを呼ぶ」ボタンを押してみる。

 

…数分待っても、誰も来る気配なし。

 

…更に、少し待ってみる。

 

…残念ながら、誰も来ない。

 

仕方ないので、2、通常レジへ移動しました。

すると、レジ前にいた地元の知人と遭遇。
軽く挨拶と会話をして別れた直後、

「レジの子がさっきからニコニコしながら、うちらのことを見てる。」
と、友人が私にコソっと言ったのです。

通常、そんな笑顔で対応する、
スーパーのレジスタッフなんてフランスにはいません。(笑)

何事かと思いながら、そのレジスタッフに「Bonjour!(こんにちは)」と挨拶。
(フランスでは、お店の人に挨拶する風習があります。)

 

…すると!

「日本人ですか?」とフランス語で尋ねられました。

 

少し話してみると、その可愛らしいフランス人の女の子は、
パリ市内にある「国立東洋言語文化大学(INALCO)」
の日本語学科に1年間通っていた、大の日本好きとのことでした。

数年前、家族と念願の日本旅行に行ったそうな。
彼女があまりにも日本が好きなので、何と!
ご両親からのプレゼントだったらしい。素敵な家族愛〜!

f:id:artfrancejapon:20160827012326p:plain f:id:artfrancejapon:20160827012403p:plain

独学で日本語を勉強している、というので、
「私で良かったら、いつでもお手伝いしますよ。」
と提案し、連絡先を交換することに。

私自身は日本語教師ではないし、教室で教えることに興味ありません。
でも何故か???
昨年末から元同僚、パートナー、友人などに日本語を教えたり、
日本の文化や風習を伝える機会が徐々に増えてきたのは事実です。

 

地元で日本人同様、フランス人のお友達も欲しかったので、
日本好きとは、更にすっごく、すっごく嬉しかったです。

もしも、あの時、
自動レジが通常通り起動していたら、
今後、彼女と知り合う可能性は、ほぼ無かったはず

 

その後、先日再会してみると、驚くべきことが判明…!

…なんと、何とー!!

 

あの日が彼女の最終勤務日だった、とのこと…!!

 

そもそも、彼女が担当する日やシフト時間、
私が利用するレジなどを考慮しただけでも
すごい出逢いだと思うのに、最終日だったとは。

しかも、私が元々働いていた高級ホテル業界志望だそうで、
9月からパリのホテル学校に通うらしい。
全ては、日本で就職するため。

いやはや、あまりにも出来すぎた話で、出逢いの流れにお手上げ。
一緒に話をしていても、昔からの友達のような感覚でした。
きっと、前世のどこかで会っていたんだろうなーと思います。

彼女自身、引っ越してきたばかりのようなので、
今後、何かと交流が繋がっていきそうです。

出逢いに感謝〜!

f:id:artfrancejapon:20160825022908j:plain

怒涛の出逢い編 Vol. 3

f:id:artfrancejapon:20160824163521j:plain

先日に引き続き、今日は「怒涛の出逢い編 Vol. 3」です。

 

地元シャトーにて、お上品な日本人マダムと遭遇した翌日は、
フランスの祝日(カトリックの祝日、聖母被昇天祭)でした。

日曜日同様、郊外ではほとんどのお店やレストランが閉まっている。
そこで、隣町サンジェルマン・アン・レイの庭園へ行くことに。

まず、町を軽く散策&観光案内をするものの、
想像通り、空いている店はほぼゼロに近く…。
辛うじて、中心地のカフェ・ブラッスリーが数店舗空いている程度でした。

わかっていたことだったので、予定通り、城の庭園(誰でも入れる公園)へ。
庭園を散歩し、パリ&パリ西郊外を見渡せる高台で、開放的な空間を満喫。

その後、庭園内にあるカフェで軽くランチ。
天気がとても良く、木の下で木漏れ日とそよ風を感じながらの
一息は幸せを感じるひとときです。

f:id:artfrancejapon:20160824163232j:plain f:id:artfrancejapon:20160824162859j:plain

パリ郊外にいながら、バカンス気分を味わった後、
隣のデッキチェアで横になりながらくつろいでいたムッシュー(=男性)が、
柴犬を連れていることを発見。

「柴犬??」と思った瞬間、話しかけていました。(笑)
忠誠心があっておとなしい柴犬は、フランスでも人気だけれど、
珍しい犬種なので、飼っている人に遭遇することはそうそう多くない。

そしたら、そのムッシュー、長年サンジェルマン・アン・レイに住んでいて、
元奥様が日本人とのこと。なるほど、そりゃ、柴犬も知っているはずだわ。

そんなこんなで、叔父様との雑談が始まり…。
ムッシュー、さすがフランス人。
マシンガントークの如く、話が止まらない。(笑)

f:id:artfrancejapon:20160824164023j:plain

思わず話し込む私(笑)

柴犬の話から、彼が日本で住んでいた時の話、元官僚だった話まで、
色々と聞かせてくれました。
また、日本人が知らないパリ観光地の雑学を教えていただきました。

このムッシューに出逢うことがなかったら、何十年前の日本での話や、
パリのミニ情報などの話を耳にすることもなかったことでしょう。
もう会うことはないかもしれませんが、この出逢いに感謝です。

こういう町中でふと起こる、昔ながらのような、村社会のような、
なんでもない日常の出逢いって、とても好きです。
個人社会の昨今、なかなか、あるようでないと思います。

フランス人は基本的におしゃべり好きな方が多いので、
パリ郊外や小さな町ではこんなことが結構普通にあります。

f:id:artfrancejapon:20160824163430j:plain

最後に、この町に関する情報を少し。

サンジェルマン・アン・レイは、ルイ6世〜14世まで
主要な居城であった、サンジェルマン・アン・レイ城があります。
また、太陽王ルイ14世が生まれた場所でもあります。

他見所としては、作曲家クロード・ドビュッシーの生家があります。
個人的に、ドビュッシーはクラシック音楽で、一番好きな作曲家なので嬉しい限り。
現在では観光案内所になっていますが、家の内部見学(無料)もできます。
また、画家モーリス・ドニの邸宅を改装した美術館もあります。

このように、歴史があり、芸術文化に密接した町なのです。
高台から見えるパリの風景も、とても素敵で、解放感があります。
パリへお越しの際は、ぜひ訪問してみてくださいね。
アテンドをご要望の方は、お問い合わせください。

お問い合わせ | タオン裕子

探し物が見つかる「おまじない」

f:id:artfrancejapon:20160823034418p:plain

皆さん、これがなかったら、絶対困る!
っていう大切なモノを無くしたご経験はありますか?

今日はそんな出来事があったので、
失くし物が見つかるまでの経緯をシェアしたいと思います。

 

数日前、自宅に戻ると、郵便ポストの中に不在通知が。
日を改めて、最寄りの郵便局へ引き取りに行こうと思ったのが、
今朝のことでした。

私宛の郵便物ではないので、代理人の引き取りの場合、
受取人のサイン、身分証明書&代理人(=つまり私)の身分証明書が必要です。

「ID、ID…。お財布に、ずっと入れてあるわ〜。」

な〜んて思って、お財布の中を見ると…。

 

無い…!!(絶句!)

 

入ってない?!

 

??????????

 

なぜ、無いの??

 

イミガワカリマセン。

 

はっきり言って、とっても焦りました。
めちゃくちゃ!焦りました。(苦笑)

お財布をひっくり返して探しても、床を張って探しても、
考えられる場所をぜ〜んぶ探してみても、一向に見つかる気配なし。
(し〜ん…。)

 

そのID、ただのIDではなく、
この国で生きていく以上、無いと絶対困るものだったのです…。

再発行依頼は出来ますが、時間とお金が非常にかかるので、
どーーーしても、何としてでも、見つけたかったのです。

 

冷や汗をかきながら探せど見つからず、時間ばかりが過ぎ、
「もしかして、どこかのタイミングで落として、悪用されてたりして…。」
と、更に困る事態が頭をよぎりながらも…。

「そんなことはない!!絶対家にあるはず!」
と自分に言い聞かせ、最終プランを実行!

 

その名も、
探し物が見つかるおまじない✨ 〜妖精さんバージョン〜

 

1、まず、探し物の特徴(大きさ、手触り、色など)を具体的に思い出します。

2、次に、以下の言葉を唱えます。
「私の周りにいる妖精たちよ。◯◯を無くしてしまいました。
私にとってはとても必要なものです。また私の元へ戻ってきますように。」

3、ゆっくり目を閉じて、10秒数えます。
この間、探し物が見つかった時の嬉しいイメージなどをします。

4、ゆっくり目を開いて、自分がいる場所を見渡します。

以上。

 

4の後、なんとなくここかな?と思えるところが見つかります。

見つかるというよりも、思考がゼロになることによって、
頭がクリアになって、直感が働くのだと思います。

探し物が見つかるおまじないは、初めて試してみたので、
「こんなんで見つかるんかな?内心これで見つかったら、本当にすごいな〜。
でも、見つかってくれないと困る!」って、思っていました。(苦笑)

 

結果は…

 

1分後に見つかりましたー!!!

 

本当、よかった〜!!
妖精さん、ありがと〜う!

コツは、1&3で、イメージングすることだと思います。
要は、引き寄せ・願望達成 の要領です。

皆さんも、探し物をするとき、騙されたと思って試してみてくださいね。