88

f:id:artfrancejapon:20160808232100p:plain

今日は「8月8日」、
ライオンズゲートが開かれる日

今まで気にしたことがなかった日なのですが、
数秘、科学に興味が大アリの今日、8=ooで、
エターナル(無限)で、それが2つもあるから、
なんかすごい日のかも〜、と思ったのが数日前。

宇宙の流れや数秘に詳しい方々曰く、
やはり、とっても特別な日なんだそうです。

物質世界と精神世界の間にある宇宙のポータルが開かれ、
膨大なエネルギーが地球に降り注ぐそうです。

もう一度、自分自身の内面と向き合い、
自分を癒し、愛し、自分に「許し」を与えましょう

 

私はどう過ごしたかというと、瞑想し、自分と対話しました。

いや〜、とってもパワフルな瞑想タイムだった…!!

 

自分と対話することで、まず「何に恐れを抱いているのか?」が分かり、
大好きだった亡き祖父母とも会話したら、号泣しました…。

なぜか、涙が止まらない。

私の魂は、苦しかったのでしょう。
泣きたい時は、思いっきり泣くのが一番です。
泣けるうちが、花。

だって、何も感じなくなったら、死んでるも同然。
生きている証拠。涙、って有難い。

泣いて、泣いて、泣いて… またもやスッキリしました!

元々、泣き虫で、人と一緒に感動したり、辛いことがあったり、
青春映画や社会派映画で感情移入してしまい…ということが多い自分。

いいんです、これで。こんな自分も好きですから。(笑)
良く言えば、「泣く」行為は、感動しやすかったり、
人の痛みを心で感じたり、共感能力がある、ということですからネ。
まだまだある心のしこりが、取れた気がしました。

 

瞑想で降りてきた言葉は、

 

愛で溢れる人生になるから大丈夫」。


そうなるといいな。
…というか、私が私であり続けることで、皆に愛を与えたい。

f:id:artfrancejapon:20160808232002j:plain

" Sleeping angel "
地元メゾンラフィット城の庭にて(特別展)

写真加工アプリってナニ?

今日は、アプリでちょっとお遊びをしてみました〜。

" Halftone 2 " という iphone・ipad 用アプリで、
撮った写真画像を、マンガチックに加工できます。
アプリを持っている人がいたので、試用させてもらいました。

最近、天気がイマイチだったパリ。
湿度が低くカラッと晴れる日も多く過ごしやすい気候ですが、
朝晩は肌寒くて、真夏の如く暑ーい日が続いたり、
逆に、どんよりして寒々しい日が続いたり…を繰り返すのが、パリの夏。

久しぶりに晴れたので、ここぞとばかりに、
外へ繰り出し、我が家の愛犬と青空の下、
ゆっくりとお散歩を楽しみました。

スリスリと、芝生に体を擦りつけていた愛犬くん。

…!

え?!汚れてるー!
なんか変なものがついてるし。(苦笑)

ちょっと調べれば、なぜ犬がそういう行動をするのかはわかりますが、
犬の習性って時に理解できません。

そんなこんなで、その後はシャンプータイム!

しっかりとシャンプーし、
タオルで体を乾かしている愛犬くんの姿を見たら、
妙に、温泉上がりの人間みたいに見えてしまった。(笑)

思わず、写メ。
撮った画像を見たら、すっごく嬉しそうで!
これまた、笑ってしまった。

この画像を使って、写真加工したのがこちら👇

f:id:artfrancejapon:20160808035912p:plain

" Halftone 2 "のアプリ説明は、こちら👇

Halftone 2 - コミックブッククリエイター

Halftone 2 - コミックブッククリエイター

  • Juicy Bits
  • 写真/ビデオ
  • ¥360

写真を撮ったり、マンガが好きな人は、
自分でオリジナルマンガ風にできるので、オススメです。

白いバラ or ダリア?

フランスは、花文化が根付いている国です。
皆さん、日常的によく買います。

それは、お誕生日だったり、誰かに招かれた時だったり、
引っ越し祝いだったり、恋人やパートナーにプレゼントするためだったり、
誰かを励ますためだったり、自宅用だったり、テーブルフラワー用だったり…
と、用途は様々ですが、お花はとても身近な存在です。

日本でも、ご自宅用にミニブーケを、とご購入される方が増えましたが、
ブーケ・お花は特別の日に!という感じがまだあるような気がします。

 

最近、家に生花がなかったな〜と気づいて、
久しぶりに、部屋にお花を飾ることにしました!

急に、ものすごーく家にお花が必要な気がしてきて、
そのまま、フラワーショップへ。

そういえば、ものを片付けたり、家を掃除しまくったり、
自分の気持ちを再度整理・確認したり、
ということに集中していたら、他のこと忘れていました。(苦笑)

新しい月に入り、月も新月を迎え、
自分の気持ちが切り替わったように思います。

「生花」って、読んで字の如く、生きている花と書きますね。
今を生きているものだからこそ、部屋にエネルギーを与えてくれたり、
浄化をくれたりします。とても有難い相棒です。

そこに、お花が1本あるだけで、
場の雰囲気がガラっと変わるのがわかります。

 

今日仕入れたお花は、「ダリア」。

今の自分と部屋に必要な色・生花を考えたとき、直感的に、
「白いバラ1本」
が頭に浮かんだので、
本当は、白バラを買うためにお店に向かったのです。

 

…が。

 

フラワーショップに着いたら、「コレ!」と思える白バラがなくて、
とても悩んだ挙句、そのままお店を出ようかとも考えたのですが、
いつもはそのお店にない、とても珍しい色味のダリアがあったのです。

それで、これまた直感で、
「今日はこのお花にしよう。」と決めました。
本当は、白バラをゲットするはずだったのにね。(笑)

そして、お会計を済ませ、お花を受け取ると…

ゲットするはずだった、

 

白バラさん1本

f:id:artfrancejapon:20160806235313j:plain

 

が、そこにあるではありませんかー!!
めちゃくちゃうれし〜い!
なんとも、素敵な演出〜。宇宙さん!

いつもお世話になっているフラワーショップでは、
購入する度に、1本バラをプレゼントしてくれるんです。
毎回ミニバラなのに、
なぜか今日は買おうと思っていた普通のバラサイズ。
しかも、白!

あまりにも、買うゾー!って意気込んでた、
自分の思考が垣間見れた感じがして、ちょっと笑えました。

最終的に、気になった特別感たっぷりのダリアさんも、
最初から欲しかった白バラさんも、
両方、我が家へ来てくれました。ありがとう〜。 

f:id:artfrancejapon:20160807000814j:plain

ダリアは、ご覧の通り3本買ったんですが、
同じお花、形、色味なのに、みーんな「個性」あって、
すこーしずつ違うんです。

そう。生きとし生きるものは、
人も、動物も、自然も、みんな個性がある。
このダリアさんたちを見て、やっぱり自分も他人を違くて当然。
「自分はこれでいいのだ!」と思えた瞬間でした。

ちなみに、「ダリアの花ことば」は、華麗・優雅・感謝・不安定・裏切り
だそうです。(出典:花言葉事典)
その花言葉の由来は、なんと、
ナポレオン&妻ジョセフィーヌのストーリーから来ているとのこと。
相反する意味がある花言葉で、興味深いですね。

www.hanakotoba.name

好きなお花や、お花自体が好きな方は、
上記の「花言葉事典」や本、ネット等で、
意味・由来を調べてみると、面白いかもしれません。

魂の似顔絵イラスト

f:id:artfrancejapon:20160804193738j:plain

国際郵便で運ばれてきた、待望の「似顔絵イラスト」が手元に届きました!

 

「魂のイラスト・似顔絵制作」をしている、
いちアーティスト MASAHARU SEIKE

眺めているだけで、心がじ〜んと温まる、
波動の高いイラストを描いている作家さんです。
(本業は別で、ウェブ制作・マーケティングのプロ。) 

人は自分のことを知っているようで、あまり分かっていないものです。
だから自分の内面を見せてくれるために他人が存在し、投影してくれています。

人に「自画像」を描いてもらうことで、

自分は自分のことをこんな風に見ているのかなとか、
こういう存在でありたいと思っているのかなとか、
人からはこんな風に見えているのだなとか、

自分のことや、自分目線ではなく他人目線で映っている姿など、
いろいろなことが分かります。

オリジナルイラストレーション、似顔絵イラストレーションに興味がある方は、
イラスト制作を通して、自分らしくワクワクする生き方をしたい方を
サポートしている MASAHARU SEIKE にぜひお願いしてみてはいかが?

loveandlife.blog.jp

LEO流占術のミニ体験談

本日8月2日夜は、獅子座の新月。

その獅子座新月の前日である昨日、
「LEO流占術」として有名な矢野先生
お茶会 in Paris に参加してきました!

f:id:artfrancejapon:20160802191056j:plain f:id:artfrancejapon:20160802191102j:plain

エッフェル搭が目の前に見える、パリ風ロマンティックテイストなインテリア。

西洋占術&タロットリーティングで、
独自の手法を確立されていらっしゃるとても有名な先生だそうです。

先生の自己紹介、星の状況、参加者さんへのミニリーティング会でした。

私が参加した理由は特にないのですが、強いて言えば「直感」。(笑)
それを先生に伝えたところ、直感は「海王星」が司っているそう。
…なるほど。

「直感」ってある意味、魂に導かれているので、
何かが起こりそうでワクワクしていました!

昨年か今年に入ってからだったと思うのですが、

星・月・太陽の動き
宇宙の流れ
ビッグバン
科学

にすっごく興味を持ち始めて、いろいろな方のブログや、
そういう流れがわかるプロの方に会う機会が増えました。

書いていて思いましたが、いや〜、これも「引き寄せ」ですね。

西洋占術では、生年月日(西暦)から、
自分が生まれ持った流れ(過去、現在、未来)が分かるそうです。

西洋占術から見た地球全体で全員に共通する、

今どういう動きをしているのかという「現在の状況」、
ここ3か月〜1年を振り返った「過去の状況」、
今後9月以降の「未来の状況」

についてお聞きしました。

今は9月から飛躍するための停滞期で、
今うまくいっていない感があるのは、そのためか!と納得。

 

私のホロスコープからすると…

 

今後1年間は、
とにかく、祭りの嵐!!!

 

だそうです。イエ〜イ!!
本当に今の状況では、「祭り」の「ま」の字のかけらも見えませんが(苦笑)、
何かが起こることは確かそうです。何だろう、ワクワク&ドキドキ〜!!

その後、ミニタロットリーティングがありました。
実はタロットリーティングは今回で人生2回目。
思いかけず今回も触れることになり、ラッキーでした。

 

私のカードは…

 

WHEEL OF FORTUNE (運命の輪)

f:id:artfrancejapon:20160802184901p:plain

出典:Wikipedia 「運命の輪」

 

先生曰く、
「とてもラッキーなカードで、やりたいことがあったらトライしてみるべき。」
とのことでした。

せっかく春に志を決めたものの、
この停滞期ゆえブレーキがかかっているせいか?
ここ数ヶ月、少し煮詰まっている感があります。

このまま進んで良いものか?で、どうやって??という思いもあったので、
背中をぽんっと押してもらえてなんだか嬉しかったです。

とにかく焦らず、少しづつ、少しづつ、
自分ができることから、したいことをやっていこうと思います。

今後何があるか、またご報告しますね〜。お楽しみに!?

「人生が好転する」オンラインセミナー後期

f:id:artfrancejapon:20160802221600p:plain

今日から、上村浩晶(チャンカミ)さんが運営している、
ハートフルライフスクール後期が始まりました〜!

昨年末から半年間、前期を受講してとても良かったので、
一時休憩の時間を設けて、後期の登録をしました。

チャンカミさんは、
人の「人生・ビジネスに好転をもたらせる」こと
をライフワークとしている方です。

そのために、

Youtube
オンラインスクール
セミナー
コーチング

をしてます。

後期初日の音声を聞きましたが、
前期よりも実践的な内容だな〜、という印象です。

一歩一歩、マイペースに受けていきたいと思います。
この講座を通して、日々感じたこと、シェアしたいこと、
などをお伝えしていきますね。

チャンカミさんの無料メルマガから始めることをオススメします!

👇

メルマガ登録ページ | セミナー・コンテンツのご案内

あん(映画)

昨夜、映画「あん」を観ました。

f:id:artfrancejapon:20160801003438j:plain

日本での劇場公開が 2015年5月30日、
フランスでの公開が今年1 月だったので、
今更ですが、夫の日本語勉強を兼ねて、
(勝手に)土曜日劇場と称して、映画鑑賞。

現地フランス人・在仏日本人にも大好評だったと噂を耳にしていたので、
とっても気になっていた映画の一本でした。

祖父母と共にサザエさん的に育ったので、
どちらかというと、洋菓子よりも和菓子の方が大好きで、
どら焼き、羊羹、おはぎ、餡蜜など、餡子ものに目がないわたくし。

話題の映画 + 大好きなどら焼き 

= 興味をそそれれないはずがありません。(笑)

どら焼きの背後にある人間ストーリーは何かと、
静かなドキドキ感がありました。

 

この映画、ほんっとにスゴイ!!!

今の自分の深層心理にガツン!と来た!!

 

そして、クライマックスでは、
号泣、号泣、号泣の嵐に追われた自分でありました。

なぜこんなに魂が震え、泣いてしまったのかわかりません。
でも、自分にとって、この映画を観る時期が今だったのだろうと、
何となく感じました。

 

「命」「生きる意味」「人の役に立つ」「人間のエゴ」

 

これら、地球上のひとりひとりが一生で一回は考えるような、
普遍的な内容だから、各国で人気なんだろうなと思います。

この映画には、社会問題、個人の意識など色々な要素が含まれている。

 

生きるって何だろう?

人の役に立たないと生きている意味がないのか?

自由とは何か?

 

肩身の狭い思いをしながら過ごしている、今日この頃。
でも、そう思い込んでいるだけかもしれない。
そして、これからどうして行きたいのか、自分?!

こんなことを考えさせられました。
次回また観るときは、また違ったことを思うのかもしれません。

あと、日本人・地球人である私たちが忘れていた、
自然との共存についても思い出させてくれます。
すべてのものに命があって、人間には本来、
自然や動物、モノと会話できる能力がある。

どら焼き屋店長と、ハンセン病の老女、
彼らを取り巻く環境と人間模様の話ですが、
観る人、それぞれが感じるものがある映画だと思います。
まだ観ていない方は、めっちゃオススメです!

an-movie.com