野外での内観体験

f:id:artfrancejapon:20160831215019j:plain

昨日は、パリ市内の公園で青空のもと、
内観カウンセリング体験をしてきました。

ひょんなことから知り合った内観カウンセラーの方と、
内観の午後にすることが急に決まり、興味あった内観会開催。

今後、内観&アートを合わせた「アートセラピー会」を
企画していく予定なので、その打ち合わせを兼ねて、
私自身も内観カウンセリングを受けてみました。

 

「内観」とは、

日本発祥の心理療法で、自分の人生に関わった一人一人について、

1、お世話になったこと
2、こちらからお返ししたこと
3、ご迷惑をかけたこと

を事実に基づき時間を区切って、内省する方法です。

まずは、自分を産んでくれた母親、そして父親、兄弟、親戚、友人…
と順にやっていくと良いそうです。

自己啓発、人間関係の改善・発展、矯正教育、心のケア、学業や仕事の発展、
社会性の育成、就職準備など、さまざまな場で活用されています。

効果としては、

  • 人間関係の改善
  • 学業や仕事面での効率・向上・状況改善
  • ストレス解消
  • 社会的方向付け
  • 愛情発見
    など。

 

f:id:artfrancejapon:20160831214945j:plain f:id:artfrancejapon:20160831215134j:plain

体験した感想は、やってみると相手の主観で
物事が見えるようになり、「ありがとう」が込み上げてくる思いでした。

オリエンテーションしてくださる方と一緒だったこともあり、
昔の忘れ去っていた、遠い過去の記憶が蘇ってきて、新鮮な感覚でした。

内観は必ずしも感謝する思いを持て、というものでもないそうです。
感謝の意が出たら、それは素晴らしいことだし、
感謝の意が持てなくても、それはそれで良い、とのこと。

また、人によって、効果は違うようです。
お困りのことが改善される方もいれば、
集中力が出たり、ストレス緩和・解消される方も。

 

身の回りで起こる物事の事実は「1つ」です。
良いも悪いもありません。コインの裏と表のようなものです。

ただ、それに勝手に良いか悪いか、どんな感情を抱くか、
無意識に決めているのは、他でもないこの私たち。

人によって、ある出来事に対する感じ方・捉え方が違います。

内観では、起こった事実に対して、
この「自分目線」の捉え方でしか見えていなかったことが、
対象人物の視点で見れるようになるので、視野が広がります。

自分の内側が変われば、外側(周囲)が変わる」と
聞いたことがありませんか?

自分の中にある記憶・感情を浄化し、
より自分らしく生きることができると思います。

内観を使ったアートセラピー会で、
自分を見つめる時間を作り、自分を再発見してみませんか?

こんな方にオススメです?

  • 内観に興味がある
  • 人間関係を改善したい
  • ストレス緩和・解消したい
  • 新しい視点を持ちたい
  • 過去を清算したい
    など。

ご質問・お問い合わせは、こちらからお願いします。

お問い合わせ | タオン裕子